あせもが治らない、どうしたらいいの?とお悩みの方へ

あせもが治らない原因と症状

暑くなると気になる皮膚トラブルの「あせも(汗疹)」

皮膚の弱い方は毎年悩まされるかと思うと本当に辛いですね。

特に赤ちゃんや子供さんに多く、心配される親御さんは多いです。
ではどうしてあせも(汗疹)ってできるのでしょう?

大人に比べて乳幼児にあせも(汗疹)ができやすいのは、汗腺の密度が高いということがあげられます。

汗腺の数は大人も乳幼児もほぼ同じです。

そのため乳幼児は小さな面積に汗腺が密集していますので、大人よりも汗をかく量が多いのです。

※汗管とは、皮膚の奥にある汗腺からつながる汗の通路で、皮膚の表面までつながっています。

原因

あせも(汗疹)は大量に汗をかいた時に、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因で起こります。

汗は汗管(かんかん)から分泌されますが、たくさん汗をかくと汗管が詰まってしまい、汗が皮膚表面に流出できず、皮膚内に漏れ出して水ぶくれ(水疱)や炎症を起こして、痒みを伴う赤いブツブツができたりします。

そのためあせも(汗疹)は汗疹(かんしん)」と呼ばれています。
あせも(汗疹)といえば夏にできるイメージですが、高温多湿な環境で運動した時や高熱の時もあせも(汗疹)はできます。

また湿布や包帯、絆創膏なども蒸れて汗がたまりやすくあせもの原因になります。

症状

当然汗が乾きにくい所に出やすく、頭、額、頭皮、首、肘・膝の内側、脚の付け根やお尻によくできます。

あせも(汗疹)の種類

紅色汗疹

米粒大ほどまでの赤いブツブツがたくさんでき、痒くなります。ときに膿をもったり、じゅくじゅくしたりして汗疹性湿疹になることがあります。汗が表皮にたまることにより起こります。

水晶様汗疹

日焼け後や乳幼児、また発熱した後に顔や体に小さな水疱がたくさんできるものです。赤みや痒みはありません。症状は軽く、水疱は自然に破れ、薄い皮がはがれて数日以内に治ります。汗が角質層にたまることにより起こります。

深在性汗疹

熱帯地方や異常に高温な環境下で、白色の硬い丘疹がたくさんできるものです。熱射病を起こすこともあります。汗が真皮にたまることにより起こります。

あせもが6つの対策法できれいに!

頑張ってよかった!お客様のお声は↓の記事をご覧ください。

掌蹠膿疱症のかゆみが随分楽になり、膿疱も減ってきました! 改善期間 約1年6か月 相談内容 48才男 […]

6つの対策法とは

6つの対策法は↓の記事をご覧ください。

6つの対策法

6つの対策法-①【腸管免疫を高める】まず「アトピー対策法」の一番は、腸内細菌のバランスを整えることにより腸管免疫を高めて、アレルゲンのシャットアウト、またアレルギー体質の改善に重点をおいています。卵や大豆を食べたら、湿疹が出[…]

改善のためのスキンケア

あせも(汗疹)ができたら、まずは炎症を抑えるためにステロイドが処方されます。しかし乳幼児や妊婦さんにはあまりお勧めできません。また1週間塗り続けても治らない時は、副作用や別の皮膚病の疑いもあるので中止するべきです。

スキンケア方法は↓の記事をご覧ください。

スキンケア方法

2ステップで「皮膚炎・湿疹・肌荒れ」を身体の外から改善するスキンケア方法皮膚を清潔にする湿疹、皮膚炎の方(アトピー体質を持っている方が多い)は、皮膚の表面上の常在菌(黄色ブドウ球菌、大腸菌等)が、一般の方が10~20%存在するのに対[…]

日常生活の注意点

汗をかいたまま放置すると、雑菌がついたり、垢や汚れがたまって汗の出口である汗孔をふさいで汗管が詰まり、炎症を起こしやすくなります。汗をかいたら素早く清潔な濡れタオルなどでやさしく拭き取り、帰宅したらシャワー、お風呂で汗を流しましょう。汗をかくと皮膚表面はアルカリ性に傾きやすいので、ボディソープは弱酸性で低刺激性のものを使用します。

日常生活の注意点↓をご覧ください。

日常生活の注意点

皮膚炎・湿疹・肌荒れ日常生活の注意皮膚への刺激を避ける 皮膚に直接触れる下着やズボンは刺激の少ない絹や綿のものを使用して下さい。 かき壊して皮膚に傷をつけると二次感染を起こしますので、刺激しないように注意します。[…]

あせも(汗疹)のご相談は無料!

お電話によるあせも(汗疹)の相談は15分程度です。
「お肌の相談するのはとても恥ずかしい・・」 「いったい何をきかれるの? 」
と不安に思うかもしれませんね。

お気持ちはよく分かりますが、心配には及びません。 あなた様の皮膚症状、体質について簡潔かつ親身にお伺いします。 個人情報が外部に漏れる事は一切ありません。

あなたの決意と努力を徹底的にサポート

あせもとさよならする!もうあきらめないでください!

あなただけの方法を一緒に考えましょう!

 あせも(汗疹)無料「メール相談」はコチラをクリックしてください

・24時間以内にご返信するよう努めます。営業日24時間以内に担当者から回答がない場合は⇒kusurinofine@lime.ocn.ne.jpへご連絡頂きますようお願い致します。(日曜・祭日は除く~全国対応)
・通話中の場合は再度おかけ直しまたは、相談メールにてご相談を頂ければ折り返しお電話差上げます。

当店へ直接ご来店される方へ

お電話にて『ご予約』をお願いいたします

☎ご来店予約 0120-489-280

ご来店にて、直接お話しする事によって、さらに安心して頂いております。

アクセスはコチラ

慢性皮膚炎・湿疹がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。