自家感作性皮膚炎がなかなか治らないとお悩みの方

自家感作性皮膚炎が、なかなか治らないとお悩みの方

こんなお悩みがありませんか?

  • 体のあちこちにジュクジュクした湿疹ができて痒い 😥
  • 見た目が悪くて、温泉にも行けない 🙄
  • 人から、うつるのではないかと思われないかしら 🙁
  • どうして、病院に行っているけれど治らないの 🙄
  • ステロイドをこんなに長く使用して大丈夫かな 🙄

自家感作性皮膚炎って何?

自家感作性皮膚炎って、一般的には聞いたことがない人がほとんどと思います。

貨幣状湿疹や接触性皮膚炎などの湿疹やかぶれを治療しなかったり、あるいは間違った治療法によってこじらせたり、掻き壊したりすることにより起こります。

原因と症状

原因

  1. 湿疹の患部で変性した皮膚たんぱくが抗原となり、全身がこのたんぱくに感作される(アレルギー反応を起こす)ため
  2. 貨幣状湿疹などの皮膚炎が悪化して、活性化したリンパ球が他の部分に影響して皮膚炎を起こす
  3. 細菌感染が原因に起こると考えられています。

自家感作性皮膚炎は、接触性皮膚炎(かぶれ)、貨幣状湿疹、うっ滞性皮膚炎、下腿潰瘍、熱傷などの湿疹病変(原発疹)の治療が十分されていなかったり掻いたりすることで原因で起こります。
体の一部に強い皮膚炎(原発巣)が生じたあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に細かい丘疹(きゅうしん)(散布疹(さんぷしん))が現れる疾患です。
とてもかゆいのですがかいてしまうとますます悪化してしまうので、我慢するのがかなりつらい病気となります。
またかきむしってしまうと「とびひ」となって伝染してしまうこともありますので、水疱になってしまうとかなりの悪さをします。いずれにしても、原因となるもとの皮膚病を治すことが大切です。

症状

症状の現れ方(顔)

じくじくした原発巣が現れて1〜数週間後にその周囲や顔、体幹、四肢など全身に直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

何かの皮膚炎にかかり、その症状が悪化してしまったときに、患部の周囲に細かく、とてもかゆみのある湿疹ができてしまうのが一般的な自家感作性皮膚炎の症状ですが、この細かい湿疹は、ひどくなると全身に広がってしまうほか、水ぶくれを広い範囲で伴ったり、かなり重度の炎症を起こすケースがあります。

しかし、何かの皮膚炎が引き金となって起こる病気なので、その元となる皮膚炎が悪化したものを勘違いされてしまうことが多く、そのまま正しくない治療を施され、自家感作性皮膚炎であるということに気づいたときにはかなり症状が悪化してしまっている、ということが多いのが現状です。

体の一部に湿疹ができて、そのうちにジクジクしてきます。しばらくすると体のあちこちに広がり、病院に行くと「自家感作性皮膚炎」と言われる方が多いようです。

痒みが強いために、夜も眠れない、仕事や勉強にも影響がある、などつらい皮膚病です。

特にステロイド剤は、使用を続けていて急にやめると、副作用がより強く出てしまうことがありますので、使用を中断するとき専門家へ相談をし、指示を仰ぎましょう。
ただ、医師によってはステロイドをすぐに処方することがあったり、使用の中断を許さない方針の医師もいるので、ご自身でも病気に対する知識を学んでおくことが大事す。

6つの対策法できれいになりました

頑張ってよかった!お客様のお声は↓の記事をご覧ください。

関連記事

今では湿疹が出る事はなくなりました。改善期間約5か月相談内容1年前に足の脛に痒みの強い小さいブツブツができて、そのうちに丸く大きくなって太ももまで広がってきたそうです。病院に行くと貨幣状湿疹と言われ、ステロイド剤が処[…]

6つの対策法とは

6つの対策法は↓の記事をご覧ください。

6つの対策法

6つの対策法で「皮膚炎・湿疹」が出来にくい体へ、中と外から体質改善ステロイドや抗生物質を塗っても良くならなかったもうどうしたらいいかわからない 😥でも、あきらめないで下さい!私どもは、アトピー性皮膚炎でお悩みの方の相[…]

改善のためのスキンケア

くすりのファインでは、長年の実績による特殊なスキンケア法を実践しております。

自家感作性皮膚炎は、体の中から改善するとともに、外からのスキンケアを併用することにより、確実に治りが早くなります。

スキンケア方法は↓の記事をご覧ください。

スキンケア方法

2ステップで「皮膚炎・湿疹・肌荒れ」を身体の外から改善するスキンケア方法皮膚を清潔にする湿疹、皮膚炎の方(アトピー体質を持っている方が多い)は、皮膚の表面上の常在菌(黄色ブドウ球菌、大腸菌等)が、一般の方が10~20%存在するのに対[…]

日常生活の注意点

日常生活の注意点↓をご覧ください。

日常生活の注意点

日常生活の注意皮膚への刺激を避ける 皮膚に直接触れる下着やズボンは刺激の少ない絹や綿のものを使用して下さい。 かき壊して皮膚に傷をつけると二次感染を起こしますので、刺激しないように注意します。食事の内容に気をつけ[…]

自家感作性皮膚炎のご相談は無料!とても簡単です

お電話による自家感作性皮膚炎の相談は15分程度です。
「お肌の相談するのはとても恥ずかしい・・」 「いったい何をきかれるの? 」
と不安に思うかもしれませんね。

お気持ちはよく分かりますが、心配には及びません。 あなた様の皮膚症状、体質について簡潔かつ親身にお伺いします。 個人情報が外部に漏れる事は一切ありません。

あなたの決意と努力を徹底的にサポート

自家感作性皮膚炎とさよならする!もうあきらめないでください!

あなただけの方法を一緒に考えましょう!

 自家感作性皮膚炎無料「メール相談」はコチラをクリックしてください

・24時間以内にご返信するよう努めます。営業日24時間以内に担当者から回答がない場合は⇒kusurinofine@lime.ocn.ne.jpへご連絡頂きますようお願い致します。(日曜・祭日は除く~全国対応)
・通話中の場合は再度おかけ直しまたは、相談メールにてご相談を頂ければ折り返しお電話差上げます。

当店へ直接ご来店される方へ

お電話にて『ご予約』をお願いいたします

☎ご来店予約 0120-489-280

ご来店にて、直接お話しする事によって、さらに安心して頂いております。

アクセスはコチラ

お気軽にご相談ください。

自家感作性皮膚炎がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。