ステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)とは・・・

トップページ > 酒さ様皮膚炎のお役立ち情報 よくある質問や相談メール! > 【ステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)とは・・・】

ステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)とは・・・

ステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)とは・・・

 

当店でも良くお問い合わせ頂くのが酒さ皮膚炎とステロイド酒さ(酒さ様皮膚炎)でお悩みの方です。

酒さ皮膚炎は、病名にあるようにお酒の飲み過ぎが原因で顔が赤らんだり、紫外線、寒さなどで皮膚に炎症が起こったあと血管が拡張し火照って赤くなる症状です。

酒さ様皮膚炎は、原因がことなり日焼や急性の湿疹を治す為にステロイドを長い期間使用することでステロイドの副作用が原因で「赤味」「ほてり」や「丘疹」「膿胞」などのまるで酒さ皮膚炎と同じような症状が出ます。

 

ステロイド外用剤を繰り返しぬっていると、「ステロイド依存」がおきます。「酒さ様皮膚炎」は顔に生じたステロイド依存で「ステロイドざ瘡」「口囲皮膚炎」などと呼ばれます。最初の頃は、ステロイド外用剤を塗ると赤みはよくなりますが、外用を中止するとすぐに再発するようになり次第に症状が悪化、やがて外用がふえ、塗るのを中止すると急激に症状の悪化がおきるようになります。

 

※ステロイド依存について

ステロイドによる副作用の多くは、ステロイドを使用した所に起こるので分かりやすいのですが「ステロイド依存」による症状は長期の副作用もありお肌の体質そのものに影響が出てきます。

皮膚のバリア機能を損ない免疫が落ちますので日和見感染などを併発して様々な症状が起こりやすくなります。

 

慢性湿疹では、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎でステロイド依存が起こることがもっとも多いといわれています。

リバウンド現象は、現在の皮膚症状が悪化してと判断されますので、リバウンドが重篤であれば、より強力なステロイドが処方されます。それがまたステロイド依存をより深刻化させる原因となっているのです。

 

※口囲皮膚炎酒さ写真

口のまわりは、特に「ステロイド依存」がおきやすいところです。ステロイドは脂溶性なので、皮脂腺がたくさんある顔・口囲は一段と吸収が高くなり、副作用も出やすくなります。少量の外用でも副作用が出ますので、「口囲皮膚炎」という名前があります。

症状は口のまわりに赤味と「にきび」様の皮疹が生じます。

 

 

酒さ皮膚炎の治療法としては、「ステロイドの中止」が必要となります。。

 

中止後3日目くらいから、症状が悪化し、顔が赤くなり、むくみやほてりがおき、乾燥もして、皮膚がボロボロとはがれることがあります。またニキビのような丘疹もできます。

 

これらリバウウド現象による症状の悪化のため、ステロイドを再開してしまう方もあります。 多くの場合は2週目にピークをむかえ、その後ゆっくり改善していき、4週間~6週間をすぎると症状は軽くなります。

皮膚は乾燥してぼろぼろ剥けたりしますが良くなるまでステロイドなどの化学薬品は、塗らず温泉エキス「スパエナジー」と「糖鎖栄養素」などでスキンケアを行い自然にお肌を元に状態に戻す戻すことが大事です。

 

リバウンド1

ステロイド中止後2週間

リバウンド3

ステロイド中止後4週間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 赤ら顔って何?
  2. 酒さ・酒さ様皮膚炎無料相談フォーム
  3. 酒さ様皮膚炎の回復症状
  4. 酒さ様皮膚炎(ステロイド酒さ)完治へのQ&A
  5. 酒さ様皮膚炎の治し方
  6. 酒さ・酒さ様皮膚炎改善例
  7. 酒さ様皮膚炎のご相談