乳酸菌

トップページ > 汗・常在菌 > 【乳酸菌】

乳酸菌

常在細菌とは

常在細菌とは、わたしたちの体に住んでいる菌のことをいいます。乳酸菌やビフィズス菌なども常在細菌の一種
で体にいい常在細菌の代表格です。
常在細菌は大きく「善玉菌」・「悪玉菌」・「日和見菌」の3種類に分けられます。ヨーグルトや発酵食品など
に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌ばかりが注目されがちですが、悪玉菌の中には消化を助けたり
病原菌を抑制したりする働きをするものもあります。
わたしたちの健康やきれいな肌もこの常在細菌の理想のバランスを保つことで維持することができます。逆にバランスを崩すと、便秘や風邪、肌荒れなど体や肌に悪い影響が出てしまいます。
人は無菌状態の母親の胎内から産道を通るときに乳酸菌生産物質のシャワーを浴び、生まれた瞬間からさまざまな菌に触れながら成長していきます。
わたしたちは一生、目には見えないいろいろな菌にかこまれて暮らしていきます。まずは、自分の体の中そしてお肌の菌の働きを知ること、そして常在細菌の理想のバランスを保ちながら共生していくことがとても大切なことなのです。

 

常在細菌のはたらき

皮膚常在細菌

jyouzaikin-1-400

お肌にいる常在細菌は皮膚常在細菌と呼ばれ、皮膚の表面に存在して、皮脂や汗をエサにして暮らしています。種類や量は人によ って異なりますが、約10種類・1兆個とも言われています。
美肌作りの基本はお肌の菌のバランスを整えることです。私たち の肌がしっとりつやつやしている時は、表皮ブドウ球菌(善玉菌)が元気な証拠です。アクネ菌などは誰もが持っている菌ですが増えすぎるとニキビの原因になってしまします。この表皮ブドウ球菌の出す生産物質が肌を弱酸性に保ち、肌に天然のバリアを作ってくれます。乾燥や洗いすぎ、ストレス、睡眠不足などは皮膚常在菌のバランスを崩し、悪玉菌が悪さをし始めてしまいま す。お肌にとって良い菌を育てるスキンケアが腸内美容なのです。
当店がおすすめしていますスパエナジー糖鎖栄養素のスキンケアは常在菌のバランスを取る最良のスキンケア法です。

腸内細菌

お腹(腸)の中には、100種・100兆個、重さにして約1kgの腸内 細菌が住んでいます。肌と同じように腸内細菌にも、乳酸菌やビ フィズス菌を代表とする善玉菌、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉 菌、中立の立場にいる日和見菌が住んでいます。
腸内細菌は、消化・吸収・有害物質の無毒化、ビタミンや血液をつくるなど、私たちの健康に欠かすことのできない働きをしています。
しかし、ストレスや睡眠不足・食生活の乱れなどで腸内細菌のバラ ンスが崩れ、アトピーや花粉症などのアレルギーや肥満や高血圧の低年齢化など私たちの健康にとって良くない影響がいま問題となっています。糖鎖栄誉素を飲むことは善玉菌を育て、腸内細菌のバランスを整えていきますので健康と美肌作りの近道です。

tokusyu15_2

関連記事

  1. 梅雨時期の皮膚病対策
  2. 皮膚 カビ
  3. アトピー性皮膚炎「汗」で悪化
  4. アトピー性皮膚炎と皮膚常在菌
  5. あせも(汗疹)の相談