皮膚炎・湿疹・肌荒れは、日常生活でも注意が必要です

日常生活の注意

皮膚への刺激を避ける

  • 皮膚に直接触れる下着やズボンは刺激の少ない絹や綿のものを使用して下さい。
  • かき壊して皮膚に傷をつけると二次感染を起こしますので、刺激しないように注意します。

食事の内容に気をつける

  • 肉類・油もの・甘いものは控え食べ過ぎないようにして下さい。
  • インスタント食品、ファーストフード、コーヒー、酒、タバコを控えましょう。できれば禁煙して下さい。
  • 和食を中心にして、できれば野菜は毎食摂りいれましょう。

ストレスをためない

  • ストレスは皮膚の症状を悪化させます。
  • ストレスを発散させられる、自分なりの方法を見つけ、ゆとりのある日常生活を送りましょう。

早寝早起きを心がける

  • 規則正しい睡眠は、体のバランスを整えてくれます。
  • 睡眠不足は疲労やストレスがたまりやすくなりますので、睡眠時間をたっぷりとることも重要です。

お風呂

  • 湿疹ができているところは、低刺激性の石鹸でやさしく洗って下さい。できればタオルを使用せずに「手」で洗いましょう。

乾燥を防ぐ

  • 乾燥が原因で湿疹が悪化しやすいので、暖房は控えて、加湿器を使用するといいでしょう。
  • お風呂上りには乾燥を防ぐために低刺激性のローションやクリームを塗りましょう。
お気軽にご相談ください。

慢性皮膚炎・湿疹がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。