皮膚炎の季節に応じたスキンケア方法

季節によってよくなったり、悪くなったりするアトピー性皮膚炎

春から夏は清潔に!

春から夏にかけ、今まで乾燥があったぐらいなのに急に赤くなったり、痒みが出たり、少し悪化した状態になることがあります。

朝と昼の温度差が急激に変化します。(朝25℃、昼36℃等)

ステロイド軟膏を長期塗り続けていた皮膚は、厚く硬くなったもの、また毛細血管を支える組織がなくなっているため、温度の変化に弱く、温度の上昇にゆっくりとした対応が出来ない状態になります。

温度の上がり下がりを敏感に感じられなくなるのです。

日中の温度の高い時に汗をかき、痒みがでます。それを何回か繰り返していくうちに炎症状態になります

つい正常な皮膚になりますとスキンケアを怠りがちになっていきます。

悪化する前に予防しておくことが大切です。

これからは汗をかき、乾かわき、また汗をかいて塩分も皮膚に濃く溜まります。

ひっかけば汗腺の出口を傷つけ、化膿菌が入り、皮膚炎は悪化していきます。

3月に入り、急に悪くなった方はぜひ“スキンケア„をしっかりして下さい。清潔が一番です!

 1日のスキンケアの流れ

  1. 外出前の糖鎖栄養素の原液を塗布。殺菌と皮膚の修復。
  2.  外出時に汗をかいた時、痒くなった時に糖鎖栄養素と銀河水が1対1に入ったスプレーでシュッシュッとスプレーする。
  3.  外出から帰ったら、スパエナジー入りのお風呂に入る。P H1,9の強酸性で皮膚の表面を殺菌。刺激のないプラティーンで洗う。
  4. 風呂上りに糖鎖栄養素原液をたっぷり含ませたコットンで、患部の殺菌と皮膚の修復を行う。
  5. 皮膚がある程度できてきた人は、ホホバオイルやローション、乳液等で保湿(まだ自分の皮膚ができていない離脱時の人は糖鎖栄養素+銀河水だけの保湿)※温度差に順応できない人は自律神経のバランスもうまく取れていません。

    副交感神経を高める銀河水を、いつもより大目に飲んでリラックスすることによりアトピー悪化も防ぐことができるんですよ。

秋から冬は保湿を基本に!!

朝夕は涼しく、しのぎやすい季節に変わりましたね。

洗顔後やお風呂上りが少しつっぱり、乾燥が気になる季節でもあります。

もともと皆さんはデリケートな皮膚の方々ばかりですから、スキンケアもこまめに行って下さいね。

離脱から1年~3年とたっている方もたくさんおられますが、季節によって良くなったり、悪くなったりを繰り返す方、いまいち改善できない原因を振り返ってみてくださいね。

スキンケア

感染症を防ぐ→カタライザーを塗布する

入浴する→スパエナジー(血流をよくし殺菌する)

プラティーンで洗う→銀河水使用の全身シャンプーで皮脂膜をとり過ぎず、潤いをつける。

入浴後→カタライザー+銀河水

ホホバオイル→乾燥を防ぐと同時に、炎症を抑える

体調を整えて完全回復するために

カタライザーを1日40~100ml飲みます

カタライザーも合わせてご覧ください。

カタライザー

糖鎖栄養抽出液サプリメント「カタライザー21」商品名カタライザー21カタライザー21「糖鎖栄養抽出液」サプリメントとは人体に欠く事のできない単糖類とミネラルが豊富に含まれた「糖鎖栄養抽出液」と呼ばれま[…]

 

銀河水を1日3~4杯(コップ)飲みます

銀河水も合わせてご覧ください。

銀河水

ミネラルウォーター 霧島裂罅水(きりしまれっかすい)商品名銀河水 銀河水の源水となる水は、宮崎市から西へ50km、日本で一番雨量の多い火山地帯である宮崎剣の霧島山麓で取水されています。この自然の[…]

皮膚が弱い方の必須商品

  • カタライザー  活性酸素を抑え、抵抗力を高める。
  • 銀河水     代謝エネルギーを高めて回復力をつける。
  • スパエナジー  別府明礬温泉天然湯の花のミネラル分のみを抽出した天然ミネラル100%のマイルドな入浴剤ですが、PH  1.9の超酸性で 殺菌効果もあり、血流改善もします。

スパエナジーも合わせてご覧ください。

スパエナジー

アトピー/酒さ/脂漏性/乾癬に効果的な入浴剤は?「スパエナジー」が良い理由商品名スパエナジーとは湯の花(スパエナジー)について 温泉の成分100%をそのまま濃縮した入浴剤。スパエナジーは、この伝統的製品をより現代ニーズに[…]

 

                                       

お気軽にご相談ください。

慢性皮膚炎・湿疹がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。