糖鎖とは何か

糖鎖の研究

糖鎖とは、一言でいうと個々の細胞から伸びている等の鎖状の物質で、「細胞間のコミュニケーションをはかる」、「細胞の外の情報をキャッチし、細胞内へ伝達する」といった高性能的なアンテナ(レセプター)の働きを担っています。

この糖鎖は健康維持、生命維持に極めて重要な役割を果たしているために、劣化や異常が起こると、さまざまな病気の 原因になることが次々に明らかになってきています。

こうした糖鎖に関する研究がいかに関心を集めているかは、日本とアメリカを中心に7,000を超える研究 がすでに発表されていることをみてもよくわかると思います。
文部科学省は、2006年から10年計画で「糖鎖新薬」の開発を目指しています。

人間の健康と糖鎖の関係

人間の体は約60兆個の細胞でできています。
糖鎖はそれら一つ一つの細胞から産毛のように伸びている鎖状に連なった物質のことで、8種類の単糖類から構成されています。

「細胞の外の情報をキャッチし、細胞内へ伝達する」といったアンテナの働きを担っており、つまり細胞同士をつなぐコミュニケーションツールの役割を果たしているのです。

細菌やウィルスなどの異物の認識、ホルモンや酵素の認識などに深く関係しており、私達の健康維持に極めて重要な役割を担っています。
よって、糖鎖に劣化や異常が起こるとさまざまな原因になることが明らかになっています。

したがって、糖鎖は私達の健康維持、生命活動に欠かせない大変重要なものなのです。

tousa_basyo

※糖鎖栄養素で健康になる
アンチエイジングに最も有効糖鎖~発行所㈱ヘルス研究所より

糖鎖には体内で主に4つの働きと能力を促進する役割を担っています。

➀外部ストレスから体を防御する働き

ストレスなどが原因神経細胞やホルモンのバランスが崩れても、糖鎖が正常に働いていると、すぐバランスを取り戻して、正常な精神状態および健康体を維持できるようにします。

➁自己と非自己(異物)とを見分ける働き

自己と異物とを見分ける能力は免疫にかかわる能力です。 体内に侵入した細胞やウィルスと戦って、やっつけたり、体内の不要なもの(老化した細胞やガン細胞など)を除いたりする働きです。

➂傷口を綺麗に修復する自己再生と修復の機能を促進する能力

➃総合的な能力の促進

①、②、③の各能力を交互に働かせて、体全体の健康を維持します。

現代の薬は基本的に単独の治癒能力しかもっていませんが、糖鎖は、免疫系と神経系、内分泌系(ホルモン)の3つの系統をバランスよく連携させて、自然治癒力を高める働きをします。

これは現代に強く求められる、アンチエイジングの効果を高めるのに重要視されることです。

お気軽にご相談ください。

慢性皮膚炎・湿疹がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。