入浴中のヒートショックとは?

入浴中の死亡事故

近年、入浴中の死亡事故が増加傾向にあります。その半数は12月~2月の寒い時期に発生しています。

厚生労働省の調査結果では、入浴中の事故死は年間1万9千人(うち65歳以上が9割)とされ、なんとこれは交通事故の4倍に当たります。

原因としては、室内での急激な温度変化により血圧が大きく変動することです。heat_shock_roujin

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすヒートショックがあげられます。

55歳以上を対象にした消費者庁の調査では、「冬場の寒い時期に入浴事故が多い」などの認知度が高い一方、なんの対策もしていない人が36%もいます。

また10人に1人が入浴中に意識をなくすなどヒヤリとした経験があると回答しています。

ヒートショックを防ぐ対策は・・・・・

ヒートショックの原因となる急激な温度の変化を避けるには、まず、衣服を脱ぐ脱衣所を温かくしておくことが大切です。

脱衣所に遠赤外線の小型ストーブを置いておくだけで、脱衣時の身体の冷えを緩和することができます。

お風呂場にも、入る前に高い位置からシャワーをかけるなどして、湯気でお風呂場全体を温めておきましょう。

そして、お湯につかる前にはかかり湯をし、徐々に身体をお湯に慣らすこと。

入るお風呂を熱すぎないようにすることも大切です。

お湯につかる時は一気につからず、足先から徐々に沈み込むような感じにします。

子供のように、心臓までドボン、なんていうつかり方は大変危険ですので、避けてくださいね。

 

 

お気軽にご相談ください。

慢性皮膚炎・湿疹がなかなか治らないとお悩みの方へ
もうあきらめないでください。まずは、ご相談ください。