肌のやわらかさのしくみ

トップページ > 皮膚の構造について > 【肌のやわらかさのしくみ】

肌のやわらかさのしくみ

やわらかさのしくみ

乾燥すると角質が厚くなり肌はゴワゴワになる。
乾燥すると、肌は硬く、ゴワゴワしてきます。
冬場に足の裏がコチコチになる人がいますが、それと同じで顔の皮膚も乾燥すると硬くなり
、シワっぽく見えてしまいます。よく「肌が荒れて化粧水が入っていかない」という人がいますが、
それも硬くなりすぎた時にそう感じるようです。
硬くなるのは、角質層が厚くなるためです。
角質層は、もともと肌を外の刺激から守るためにあるので、乾燥して角質のバリア機能が損なわれると、
よりいっそう肌を守ろうとして、厚くなってるのです。
ところが、この際に、急いで角質層を作ろうとするために生産が追い付かなくなり、未熟な角質細胞が
出来てしまうことがあります。
表皮細胞から角質細胞に変わっていく過程を「角化」といいますが、角化には通常約28日かかっています。(ターンオーバーとともに角化していくからです。)
角化の過程の中で、天然保湿因子やセラミドも作り出される訳ですから、角化は肌にとってとても大切なものです。
肌が乾燥し、大あわての角化が起こり、未熟な角質細胞がどんどんできて、できそこないの角質層ばかり厚くなり・・・。
こうなると悪循環です。
慢性的な肌荒れやかきこわした湿疹によくみられる、皮膚が厚く硬くなった状態がこれに相当します。
こうなったら、まずは保湿ですが、角化の悪循環をリセットするために厚すぎる角質層をピーリングで少し取り去る事も
有効です。
※「スキンケア基本事典」より抜粋

関連記事

  1. ターンオーバー~皮膚の構造について
  2. 基底層~皮膚の構造
  3. コラーゲン~皮膚の構造
  4. 角質のバリア機能
  5. セラミド~皮膚の構造
  6. 真皮について~皮膚の構造
  7. 表皮について~皮膚の構造
  8. お肌(皮膚)の3つの役割とは?