糖鎖の4つの働きと能力

トップページ > 糖鎖とは? > 【糖鎖の4つの働きと能力】

糖鎖の4つの働きと能力

糖鎖には体内で主に4つの働きと能力を促進する役割を担っています。

 

    ➀外部ストレスから体を防御する働き

ストレスなどが原因神経細胞やホルモンのバランスが崩れても、糖鎖が正常に働いていると、すぐバランスを取り戻して、正常な精神状態および健康体を維持できるようにします。

 

    ➁自己と非自己(異物)とを見分ける働き

自己と異物とを見分ける能力は免疫にかかわる能力です。 体内に侵入した細胞やウィルスと戦って、やっつけたり、体内の不要なもの(老化した細胞やガン細胞など)を除いたりする働きです。

 

    ➂傷口を綺麗に修復する自己再生と修復の機能を促進する能力
    ➃総合的な能力の促進
    ①、②、③の各能力を交互に働かせて、体全体の健康を維持します。
    現代の薬は基本的に単独の治癒能力しかもっていませんが、糖鎖は、免疫系と神経系、内分泌系(ホルモン)の3つの系統をばらんすよく連携させて、自然治癒力を高める働きをします。
    これは現代に強く求められる、アンチエイジングの効果を高めるのに重要視されることです。

tousa_sikumi命の鍵を握る!糖鎖まるわかりガイドより(画像)

 

 

 

 

 

 

※アンチエイジングに最も有効「糖鎖」 ㈱ヘルス研究所~より抜粋

 

 

関連記事

  1. 血糖値スパイクが危ない (10月8日NHKスペシャルより)
  2. 糖鎖異常とアレルギーの関係
  3. 糖鎖を構成する8種類の単糖とは
  4. 糖鎖とは何か