主婦湿疹(手湿疹)かゆみ対策

トップページ > 主婦湿疹(手湿疹) > 【主婦湿疹(手湿疹)かゆみ対策】

主婦湿疹(手湿疹)かゆみ対策

1003kayukayu

 

『手湿疹』の辛い“かゆみ”は、生活環境に注意することで、緩和することができます。 『手湿疹』による“かゆみ”を緩和するために、荒れている手指をこすったり、引っ掻いたりしてのでは、刺激を与えるだけで、症状を悪化させてしまうことにも繋がります。ですから、“かゆみ”の起こらない環境を作ってみましょう。 乾燥

 

『手湿疹』の“かゆみ”の原因は「乾燥」です。

秋から冬にかけては、「乾燥」しやすい季節なので、特に注意が必要です。 冬場はエアコンやストーブなどの暖房器具を使うことが多くなり、室内の「乾燥」も高まってしまいます。 そして、思っている以上に肌も「乾燥」してしまいます。 ですから、加湿器を利用したり、洗濯ものを室内で干すなど工夫して、生活するスペースの湿度に注意しましょう。 肌を「乾燥」から守るためには、部屋が「乾燥」しないようにすることが大切です。 そして、適度に水分を取って、体の「乾燥」も防ぐようにしましょう。

 

他にも注意したいのは、手洗いや食器洗いなどで使用する石鹸や洗剤と、熱めのお湯を使うことです。 石鹸や洗剤の中には、肌の潤いを必要以上に奪ってしまうものもあります。 また、熱いお湯は肌の「乾燥」を早めてしまうので、“かゆみ”がでてしまいます。

ですから、『手湿疹』の手肌には、低刺激の石鹸や肌の潤いを残せる優しい石鹸を使うようにしましょう。 そして、どうしてもお湯を使いたくなる冬場なども、設定温度は“ぬるめ”にするようにしましょう。
炎症や痒みがある時は、ゴム手袋等をはめて直接洗剤等に触れないようにすることも大事です。

 

『手湿疹』での“かゆみ”や悪化を防ぐためには・・・

 

荒れた手指を保護し、「乾燥」しないようにすることが、一番大切なことです。 そのためには、手肌に水が触れた後(例えば、水仕事の後・洗顔後・お風呂上りなど)は、必ず保湿剤を時間を空けずに、塗るようにしましょう。手肌の水気をしっかり拭きとり、まだしっとりしている時に、保湿剤を使うと効果的です。
当店では、敏感肌の方でも安心してご使用になれるAMPクリーム・ローションをおすすめしています。

 

保湿剤で『手湿疹』の肌を覆うことで膜ができますから、手指の水分の蒸発も防いでくれますし、刺激も緩和してくれるのです。

普段の生活の中での、ちょっとした気遣いで、“かゆみ”を起こりにくくすることができますのでぜひ実行してみて下さい。

関連記事

  1. 主婦湿疹・手湿疹~無料相談メール
  2. 主婦湿疹から脱出するために
  3. 主婦湿疹(手湿疹)手荒れ対策
  4. 主婦湿疹(手湿疹)ご相談例4
  5. 主婦湿疹(手湿疹)ご相談例3
  6. 主婦湿疹(手湿疹)ご相談例2
  7. 主婦湿疹(手湿疹)ご相談例1
  8. 主婦湿疹の原因と症状
  9. 主婦湿疹、手湿疹のご相談