夏の皮膚トラブル

トップページ > 紫外線 > 【夏の皮膚トラブル】

夏の皮膚トラブル

お出かけ日和が多くなるこの季節。一方で、気温が上がる、陽射しが強まるなど、皮膚にとってはマイナス面も。春から夏にかけては季節の変化を背景に、皮膚トラブルが増えてきます。だんだん薄着になり、外出や野外での作業も増え、様々な刺激にさらされやすくなるためです。春夏の皮膚トラブルは主に「日光(紫外線)」「植物」「虫」そして「汗」が関わっています。
もともとアトピー性皮膚炎の方が、かゆみが強くなるケースが増えるのもこの時期です。乳幼児はおむつかぶれやあせもから一気にアトピーが悪化します。夏に近づくにつれて汗や紫外線には気をつけましょう!

イラスト

【夏の皮膚病対策】

汗をかくと肌の表面に血液が集まるので、痒みを感じやすくなります。また肌に雑菌やほこりが付着しやすくなって、吸収するため炎症もひどくなり、猛烈に痒くなります。対策は・・・
① 清潔なタオルやおしぼりにカタライザーと銀河水を含ませ、冷たくしておいて汗をやさしくふき取ります。カタライザーは殺菌効果とともに嫌な臭いも消してくれます。冷やすことにより、痒みをやわらげます。
② スパエナジーを入れたお風呂に入り、あがったら再度糖鎖栄養素、銀河水を十分にパッティングします。
③ 外出時も紫外線、汗対策として糖鎖栄養素+銀河水のスプレーを持ち歩き、汗をかいたらこまめにスプレーします。肌表面についた雑菌やほこりが汗腺が閉じた時に皮膚表面に入っても、十分殺菌するので安心です。

【乳幼児の皮膚病は特に注意しましょう!】

子供の皮膚は大人の半分程度の厚みしかありません。皮膚がもともと持っている保湿機能やバリア機能も未発達なので、湿度変化や外部からの刺激にさらされやすく、皮膚トラブルの要因に。また汗を分泌する汗腺の数は大人とほぼ同じで、小さな体に大人と同じだけの汗腺が密集しているので、小さな子供の皮膚にはかえって負担となることもあります。細菌感染による皮膚疾患(とびひなど)や、虫刺されが重症化しやすいことも、こどもの皮膚の特徴です。ひどいところは糖鎖栄養素の原液によるスキンケアがいいでしょう。

関連記事

  1. 日焼による肌荒れ対策
  2. 敏感肌 紫外線 対策
  3. 紫外線から肌を守るアイテム
  4. アトピー性皮膚炎の紫外線対策