日焼による肌荒れ対策

トップページ > 紫外線 > 【日焼による肌荒れ対策】

日焼による肌荒れ対策

毎日、照りつけるような暑さが続いていますね。
外に遊びに行かなくても、日々の通勤だけでも日焼けしてしまいそうです。hiyake_girl

肌荒れにも色々な原因がありますが、一番問題ががあるのが日焼けによる肌荒れです。

夏の強い日差しや紫外線にるお肌へのダメージは、私たちが思っているよりも大きく、ただ単にお肌が荒れるだけでは済まされないこともあります。

日焼けというのは、軽い火傷と同じことです。肌荒れをしないためにも、日焼け予防をしっかりとすることが大切です。

万が一日焼けをしてしまっても諦めず、正しいケアをすることで肌荒れを予防することも出来ます。まずは「日焼けをしたかな?」と思ったときは、すぐに冷やすようにしましょう。

お肌が火照っていたり赤くなっていたりすると、すぐに化粧水などでケアをしたくなりますが、まずは冷やすことが大切です。

火照っていたり赤くなっている状態でケアをしようとしても、逆にお肌を傷つけてしまい、肌荒れの原因になってしまいます。
まずは日焼けをしたところをしっかりと冷やしてから、ケアをするようにしてください。
十分冷やしてたあとは、カタライザーでコットン湿布をされるとほてりや赤みが早く引いていきます。

日焼け後にはたっぷりと銀河水AMPローションで水分補給行うことも大事です。!

 

日焼けの起こるメカニズムは、

「太陽に当たる→紫外線を浴びる→表皮の中のメラノサイトがメラニン色素を作り出して紫外線を吸収、真皮へ入るのを防ぐ」ということです。つまり、このメラニンで肌が黒く見えるのです。
このメラニン色素は、本来、皮膚の新陳代謝がさかんな肌なら、長時間皮膚の中に留まることなく、アカとなってはがれ落ちるか、途中で分解されて毛細血管を通って排出されます。
しかし、メラニン色素がうまく排出されず、ずっと皮膚の中に留まっているのが『シミ』です。
その為には、“お肌の新陳代謝を活発にしてあげることが大事なのです。

 

お肌の新陳代謝を活発にするには・・・apple--lemon--fruit--sliced-fruit_3310905

○十分な睡眠を取って疲労を取り除く

 

○新陳代謝を活発にするビタミンA・C・E、カロチンを含む食物を意識して。たとえば、緑黄色野菜、レモンやオレンジ、アボガドやなど色とりどりの野菜を食べる。

 

○活性酸素を抑える抗酸化食品を摂る。
カタライザーは活性水素を大量に含んだ最強の抗酸化食品です。

 

日焼に気を付けて暑い夏を乗り越えて下さいませ!!

関連記事

  1. 夏の皮膚トラブル
  2. 敏感肌 紫外線 対策
  3. 紫外線から肌を守るアイテム
  4. アトピー性皮膚炎の紫外線対策