ステロイド強さ知ってますか?ステロイド軟膏の安全な使い方

トップページ > ステロイド薬について > 【ステロイド強さ知ってますか?ステロイド軟膏の安全な使い方】

ステロイド強さ知ってますか?ステロイド軟膏の安全な使い方

ステロイドとはステロイド強さ~ステロイド軟膏

ステロイドとは私たちの体の中にあるホルモンの一種

副腎皮質という器官から分泌されていて副腎皮質ステロイドホルモンと呼びます。

化学薬品のステロイド剤は、副腎皮質という内分泌器官から分泌されるホルモンと同じ構造をもった物質です。

ステロイドが効くわけ

ステロイドが効くのには2つの理由があります。

抗炎症作用免疫抑制作用です。

ステロイド軟膏の安全な使い方

ステロイド剤を長く使い続けると、副腎のホルモン分泌を低下させてしまいます
長期になると副腎そのものの働きが悪くなることも考えられます。

強いステロイド軟膏でしたら2週間~3週間以内であればまず副作用はありません

ステロイド剤を安全に使うには、短期的にサッと使い症状を見ながら次の弱い薬に替えていく事です
また1日2回から1回に、2日に1回と徐々に減らしていけば問題はありません。

ステロイドの強度

ステロイド強さステロイド剤の製品名
ストロンゲスト(最も強力)デルモベート
ジフラール
ダイアコート
ベリーストロング(かなり強力)フルメタ
アンテベート
リンデロンDP
マイザー
ビスダーム
パンデル
ストロング(強力)エクラー
メサデルムー
アドコルチン
リンデロンV
ベトネベート
フルコート
ミディアム(中程度)リドメックス
レダコート
アルメタ
キンダベート
ロコイド
ウイーク(弱い)プレドニゾロン

※フルコートF 薬局(株)田辺三菱製薬 編集 より参照

 

使用するステロイドの目安

顔→ミディアム(中程度)

体→ストロング(強力)

手足先端→ベリーストロング(かなり強力)薬を用いる事もあります。

※ステロイド副作用

※ステロイド離脱

スタッフのブログ~ステロイド強さ

関連記事

  1. ノンステロイド軟膏
  2. ステロイドによる色素沈着
  3. ステロイドの副作用(白内障)
  4. ステロイドの様々な副作用
  5. ステロイドの離脱
  6. ステロイドは対処療法