皮膚掻痒症

トップページ > その他の皮膚炎 > 【皮膚掻痒症】

皮膚掻痒症

皮膚掻痒症でお悩みの方へ

皮膚掻痒症は湿疹などの症状がなく、見た目は正常に見えるのに皮膚が痒くなる皮膚の症状です。

人によって痒みを伴う場所は異なりますが、全身に出ることもあります。

全身の広い範囲に痒みのある皮膚掻痒症を汎発性皮膚掻痒症と、肛門や陰部など特定の場所に痒みのある皮膚掻痒症を限局性皮膚掻痒症と言います。

お年寄りの方が冬になると乾燥して「痒い痒い」といって体のあちこちをかきむしる光景をよく見かけますね。

これは年齢とともに皮脂の分泌が減少するために乾燥して痒くなるのですが、これを老人性皮膚掻痒症と言います。

老人性皮膚掻痒症も汎発性皮膚掻痒症の一つです。

皮膚掻痒症の原因は

老人性皮膚掻痒症(老人だけとは限りませんが)は皮膚が乾燥する、いわゆるドライスキンが原因でちょっとした刺激に対しても過剰に反応して痒くなるわけですが、他の汎発性皮膚掻痒症は内臓疾患や心因性が原因で起こります。
肝硬変や鉄欠乏性貧血、肝臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、ストレス、精神的不安、寄生などがあげられます。

限局性皮膚掻痒症は膣カンジタ、膣トリコモナス、月経などによる陰部の蒸れ、便や尿漏れの刺激、下痢、便秘、痔などの原因があげられます。

気をつけないといけないのは痒みを我慢できずに掻き壊してしまい、二次的に発疹ができてしまうことも多いため、発疹なのか皮膚掻痒症なのか見分けることが必要です。

皮膚掻痒症の治療

痒みの原因となっている病気があれば、その治療が第一となります。
痒みを抑えることが患者さんの苦痛を和らげることになりますので、医療機関では対症療法として、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の内服を行います。また掻き壊しや患部が湿疹化しないようにステロイドの外用剤を使用することもあります。

老人性皮膚掻痒症のようなドライスキンによる痒みには低刺激性の保湿剤で保湿するてことも効果的です。
また陰部等の痒みには清潔にすることも大切なので、天然の強酸性のもので殺菌するといいでしょう。

※アレルギー体質があると、ダニやハウスダストなどで皮膚掻痒症も悪化しやすくなります。アレルギー体質改善には腸内細菌のバランスを整えることも大切ですね。

関連記事

  1. 肝班とは(かんぱん)
  2. 異汗性湿疹(汗疱)
  3. 蕁麻疹(じんましん)対処法
  4. 口囲皮膚炎の治し方
  5. 接触性皮膚炎の薬相談
  6. アレルギー性皮膚炎
  7. 花粉症皮膚炎の相談
  8. あせも(汗疹)の相談