敏感肌 紫外線 対策

トップページ > 紫外線 > 【敏感肌 紫外線 対策】

敏感肌 紫外線 対策

これからは紫外線がピークを迎える時期です。特に一日のうち午前10時~午後3時ごろまでは、外出時には日傘や帽子を利用して下さい。日焼け止めクリームはSPF値の高い方が、日焼け防止の効果はありますが、添加物の量が多くなり、肌の刺激が強くなります。

【紫外線の害と対策】1R6tnz

○紫外線はバリア機能を破壊します
→カタライザーにはアミノ酸、ミネラル等の栄養素がたくさん入っていますので、皮膚の新陳代謝がよくなり、バリア機能を高めてくれます。
○ 色素沈着を起こします
→色素沈着は活性酸素が原因です糖鎖栄誉素抽出液の活性水素の働きにより黒い色素を元に戻していきます。
○ アトピーの方は、肌がもともと敏感で細菌やウイルスに対する肌の免疫力が働かなくなり、感染症にかかりやすくなる危険性があります
→カタライザーは、PH2,7の強酸性で細菌やウイルスを殺菌する力があり、また皮膚の免疫力を高めてくれます。

【もし日焼けしてしまったら・・・】

糖鎖栄誉素抽出液をしっかり使いましょう。
最も効果的なのはすぐに冷やして炎症を抑える。
紫外線により、体に発生する活性酸素が肌を傷つけるため、活性酸素を消すためにも、抗酸化力のある糖鎖栄誉素抽出液を冷やしてしっかり塗布する。特に炎症がひどい場合は2~3日、糖鎖栄誉素抽出液を100㏄以上飲んで下さい。
※紫外線対策には、糖鎖栄誉素抽出液ーをスプレー容器に入れて、冷蔵庫に入れておくと便利です。

【予防には】
アトピーの肌は刺激に敏感なことが多いので、刺激のない肌にあったUVクリームを塗りましょう。SPF10~30程度のものをこまめに塗るのがいいです。ホワイトリリーのUVシールド(1,944円)は、汗や水に強く、お肌にやさしい日焼け止めクリームです(顔、手足と全身に使えます)。

UVシールド

UVシールド

関連記事

  1. 日焼による肌荒れ対策
  2. 夏の皮膚トラブル
  3. 紫外線から肌を守るアイテム
  4. アトピー性皮膚炎の紫外線対策