梅雨時期の皮膚病対策

トップページ > 汗・常在菌 > 【梅雨時期の皮膚病対策】

梅雨時期の皮膚病対策

今年の梅雨は例年より長引くと予測

今回は、梅雨のシーズンに注意が必要な肌トラブルと、その対策について・・・

気象庁の観測データによると、梅雨の時期にあたる6、7月の湿度は、各地で平均して70~80%台にもなるとか。

この梅雨時期には雨の影響で湿度が高くなりムシムシ、ジメジメして顔が痒くなったり身体全体がかゆくなったりしていませんか?

実はそのかゆみは皮膚の温度と湿度が高くなり、皮膚表面にカビが繁殖しているのかも知れません。

カビが原因で皮膚病を発生、悪化させない為にも、しっかりと対策をして行きましょう。

この梅雨時期に増殖するカビの対策をして皮膚炎や病気の予防をしましょう!

まず、カビが大好きな場所は高温多湿の所です。 ですので、お風呂場やキッチンの水回り等にカビが発生するんですね。

病気の原因となるカビの発生場所は?

  • エアコン
  • 洗面台
  • 蛇口周り
  • 排水口
  • 買い物バック(エコバック)
  • シーツ(敷布団やマット等)

 

梅雨時期や夏に活躍する除湿機やエアコン本体は空気中の湿気を吸収しますので、カビが発生しやすくて、 そのまま使用しているとカビを撒き散らす事になりかねませんので、 クリーニングを行いましょう。

kabi

関連記事

  1. 乳酸菌
  2. 皮膚 カビ
  3. アトピー性皮膚炎「汗」で悪化
  4. アトピー性皮膚炎と皮膚常在菌
  5. あせも(汗疹)の相談