真皮について~皮膚の構造

トップページ > 皮膚の構造について > 【真皮について~皮膚の構造】

真皮について~皮膚の構造

真皮

表皮の下の部分にあたり、約70%はコラーゲンと呼ばれる線維でできています。

これ-現は真皮の中に網目状のネットワークをつくり、真皮の弾力を維持しています。

コラーゲンのところどころにエラスチンと呼ばれる別の線維があり、コラーゲンの構造をさせるようにはたらいています。これらの線維が古くなって弾力を失うことが、シワの最大の原因です。

以上の2種類の線維のまわりを埋め尽くすように、ヒアルロン酸と呼ばれるゼリー状の物質が存在し真皮の水分を守っています。

●コラーゲン

真皮の主成分。ゴムのように弾力をもった線維。

線維芽細胞から作り出され、ふるくなったものは酵素などで分解されていきます。

コラーゲンの変性や減少が、シワのおもな原因です。

化粧品にも配合されますが、これは保湿成分であって真皮に浸透してシワを治すものではありません。

●エラスチン

コラーゲンの線維を、ところどころでつなぎとめるようにして支えているのが、エラスチン線維(弾性繊維)です。

真皮の約5%前後占めますが、年齢とともに減ってしまい、これもシワの発生に関係します。

●線維牙細胞

真皮の成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を産み出し、真皮の構造をつくりあげる働きをする細胞です。

●ヒアルロン酸

ムコ多糖類呼ばれるゼリー状物質で、肌では真皮に存在します。

真皮にはりめぐらされたコラーゲンとエラスチンの、網目構造の間を埋め尽くして、肌弾力支えています。

ヒアルロン酸は、水分を含む力が非常に強く、このヒアルロン酸がたくさんあるほど、真皮はみずみずしいといく事になります。年齢とともにヒアルロン酸は減っていくため、真皮の水分も減少します。
つまり、ヒアルロン酸がもっとも多くあるのは、赤ちゃんの肌です。

腕や足の関節の中にもヒアルロン酸は存在します。ゼリーのようなヒアルロン酸が潤滑油のように働いて、関節のスムーズな動きを助けています。また、目の中でもヒアルロン酸が、水分を維持しています。このように、人体のあちこちで水分維持に働くヒアルロン酸ですが、残念ながら、年齢とともに減っていき、食品などから補う事はできません。

●皮脂腺

皮脂を分泌する細胞の集まりが皮脂腺です。

皮脂腺で作られた皮脂は、毛穴の中に分泌され、毛をたどって、肌の表面に排出されます。

皮脂の主成分は、脂肪線形物質が40%、ロウ類が25%、スクアレンが10%程度です。

●汗腺

汗を分泌する細胞の集まりが汗腺です。

汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。

sinpi

 

関連記事

  1. ターンオーバー~皮膚の構造について
  2. 基底層~皮膚の構造
  3. 肌のやわらかさのしくみ
  4. コラーゲン~皮膚の構造
  5. 角質のバリア機能
  6. セラミド~皮膚の構造
  7. 表皮について~皮膚の構造
  8. お肌(皮膚)の3つの役割とは?