セラミド~皮膚の構造

トップページ > 皮膚の構造について > 【セラミド~皮膚の構造】

セラミド~皮膚の構造

角質のバリア機能は、実は肌の中の「セラミド」の量と関係します。セラミドが減ると、バリア機能も弱まります。

角質層は、煉瓦とセメントのような構造をしているといわれます。

角質細胞を煉瓦に例えると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめています。

角質細胞間脂質はコレステロールのようなものを原料として、表皮細胞の中で作られます。いろいろな資質が混ざり合ってできていますが、そのうちの約40%にあたるのが「セラミド」です。残りの60%にスフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などが含まれます。これらの脂質が水と結合して、肌の水分を守り、また、下界の刺激から肌を守るためにも大きな役割を果たしているのです。

このように、しっかり積み重なった角質層ですが、セメントの部分「セラミドなどの角質細胞」が足りなくなると、レンガ(角質細胞)がぐらついてしまい、一部がはがれ落ちたりします。これが、肌の表面からは、粉をふいたような状態として見られるのです。レンガが脱落すると、当然そこはバリア機能が弱くなって、外から刺激が入り込みます。肌が粉をふいた状態になっているときに洗顔すると、石けんがしみたりするのはこのためです。

セラミドは、レンガを支え、さらに水分をキープしている、肌にとってもっとも大切なモノと言えるのです。

ただし年齢とともにセラミドの生産量は減ってくるので、肌は徐々に乾燥しやすくなっていきます。sera

関連記事

  1. ターンオーバー~皮膚の構造について
  2. 基底層~皮膚の構造
  3. 肌のやわらかさのしくみ
  4. コラーゲン~皮膚の構造
  5. 角質のバリア機能
  6. 真皮について~皮膚の構造
  7. 表皮について~皮膚の構造
  8. お肌(皮膚)の3つの役割とは?