老化対策に有効な成分の種類

トップページ > 肌の老化とは > 【老化対策に有効な成分の種類】

老化対策に有効な成分の種類

ア老化対策に有効な成分の種類

肌を老化から「守る」成分と、積極的に「攻めて」ターンオーバーを高めたりコラーゲンを増やす成分があります。
それぞれどれか一つ取り入れることで、より進んだアンチエイジングのお手入れが可能になります。

守りのスキンケアとして有効な成分

●ビタミンC誘導体
皮膚への吸収を高めたビタミンC。コラーゲン合成には不可欠。美白作用もある。皮脂分泌をコントロールするため、毛穴対策としてもよく使われる。リン酸型ビタミンCのほかに、リン酸パルミチン酸型ビタミンCがあり、APPSと呼ばれている。
これは、水性と油性の両方の性質をもち、リン酸型よりも浸透がよいため話題になっている
●ナイアシン(ビタミンB3)
コラーゲンの合成を高めるため、肌にハリを出す。ニキビにも有効。刺激が少ないので、肌が弱いけれどアンチエイジングのものを試してみたいという人にも向いている。
●ポリフェノール、甘草エキス、黄金エキスなど(抗酸化成分)植物エキスが多く用いられる。

攻めのスキンケアとして有効な成分

●レチノール
ビタミンAの一種で、体内にもあるもの。真皮のコラーゲンを増やす作用があるため、シワ対策によく使われる。
ただし、やや刺激が強いので、顔じゅうに使うと粉をふくことがある。目元い限定するのが賢い使い方だ。
●AHA
代表的なピーリング剤。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などがこれに当たる。石けん、パック、ふき取り化粧水、美容液など、いろいろなものに配合されているが、もっとも手軽なのは石けんタイプ。ふきとりタイプはやや刺激が強い。週に1~2度の使用から開始し、慣れてきたら回数を増やすとよい。
●BHA
サリチル酸のこと。刺激が少なく、ニキビ、ニキビ跡、シミ、小じわに非常に有効性が高いが、
日本では化粧品には0.2%までしか配合できないので、自宅でBHAピーリングを行うことは難しい。皮膚科などで受けることは可能

※スキンア基本事典~より抜粋

 

関連記事

  1. アンチエイジングとは
  2. 肌の老化の原因(その3)
  3. 肌の老化の原因(その2)
  4. 肌の老化の原因(その1)