別府温泉と湯の花

トップページ > 温泉入浴 > 【別府温泉と湯の花】

別府温泉と湯の花

myoban_onsen_02九州の大分県にあります別府温泉に訪れる観光客は年間1千万人以上

と言われています。その中でほとんどの方が明礬温泉に立ち寄られて

います。

明礬温泉には、国の重要無形文化財にも指定されています。

湯の花小屋があります。ひなびた山間の温泉場に藁葺で作られた湯の花

小屋の情景はとても風情があり、温泉の蒸気や匂いを肌で感じること

のできる人気のスポットです。

小屋の中には、青粘土が敷き詰められ、粘土から析出し結晶化したyunohanagoya2

湯の花を採取するという江戸時代より伝わる製法によって作られています。

明礬温泉の湯の花は、結晶が成長するのに早い場合でも

30日、遅い場合は60日~70日もかかることもある

貴重な資源なのです。

スパエナジーは、この湯の花を蒸留水で煮立てたあと

備長炭で濾してアトピー肌や敏感肌の方にも刺激のないように作られています。

一般の湯の花とは違い、色つきや硫黄の匂いもほとんどありませんので浴槽や風呂釜を傷めることもなく安心

してご使用になれる天然100%の入浴剤です。

関連記事

  1. 正しい温泉の入り方
  2. 寒い時期の危険!入浴中の事故
  3. 肌に良い酸性温泉とアルカリ性温泉
  4. 温泉番付って知ってますか?
  5. 温泉の温熱効果