表皮について~皮膚の構造

トップページ > 皮膚の構造について > 【表皮について~皮膚の構造】

表皮について~皮膚の構造

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

そのなかでも、スキンケアをするうえで特に知っておきたいのが、表皮と真皮の構造です。

●表皮

皮膚の一番表面の部分が、表皮です。

「角質」といいう言葉をよく耳にしますが、角質も表皮の一部です。

表皮の一番上にあう、死んだ細胞(角質細胞)の層を角質層と呼び、その下の生きた細胞(表面細胞)のと区別しているのです。

 

表皮の組織

hyouhi

角質層

肌の一番表面にある、表皮細胞の死んだもの(角質細胞)でできているのが角質層です。

約30%の水分を含んでいます。

皮膚に触れるすべてのものから体を守り、また、内部の水分が外へ蒸発しないように守る、バリアとしての働きをしています。(角質のバリア機能)角質細胞は、やがて垢となって脱落していきます。(ターンオーバー)

 

角質層以下の表皮

角質層と違って、生き細胞(表皮細胞)でできています。

約65%の水分を含んでいます。

外からの刺激に反応して、その情報を神経などに伝えたり、ときにはアレルギー反応を起こすなど、さまざまな活動をしています。

つまり生きたひとつの臓器です。

表皮は、顔では0.1mmほどの厚さを持ち、約28日間かけてターンオーバー(生まれ変わり)をしています。

ただしターンオーバーは加齢で遅くなり、この層も薄くなります。

 

基底層

基底層は、表皮の一番下にあり、新しい表皮細胞が生まれる工場の働きをしています。

また、基底層にはメラノサイトがあり、紫外線に反応してメラニン色素を作り出しています。

 

☆メラノサイト・・・メラニンを作り出す色素細胞です。

 

※「スキンケア基本事典」より抜粋

 

 

 

関連記事

  1. ターンオーバー~皮膚の構造について
  2. 基底層~皮膚の構造
  3. 肌のやわらかさのしくみ
  4. コラーゲン~皮膚の構造
  5. 角質のバリア機能
  6. セラミド~皮膚の構造
  7. 真皮について~皮膚の構造
  8. お肌(皮膚)の3つの役割とは?