皮膚の構造について »

トップページ > 皮膚の構造について

皮膚の構造について

皮膚の構造について(肌のしくみ)

お肌(皮膚)の3つの役割とは?

顔の皮膚の役割について整理すると、次の3つの役割が肌にはあります。 ①表情 顔はその日の気分、体調、感情などの全てが表現される場所です。顔はその人そのものを表現します。実年齢である今の…

表皮について~皮膚の構造

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。 そのなかでも、スキンケアをするうえで特に知っておきたいのが、表皮と真皮の構造です。 ●表皮 皮膚の一番表面の部分が、表皮です。 …

真皮について~皮膚の構造

真皮 表皮の下の部分にあたり、約70%はコラーゲンと呼ばれる線維でできています。 これ-現は真皮の中に網目状のネットワークをつくり、真皮の弾力を維持しています。 コラーゲンのとこ…

セラミド~皮膚の構造

角質のバリア機能は、実は肌の中の「セラミド」の量と関係します。セラミドが減ると、バリア機能も弱まります。 角質層は、煉瓦とセメントのような構造をしているといわれます。 角質細胞を煉…

角質のバリア機能

私たちが素手で洗剤に触っても、洗剤にしみこんでくることはありません。 これは角質層に「バリア機能」というものが働いているからです。海に入っても塩漬けにならないのも、バリア機能のおかげです…

コラーゲン~皮膚の構造

「コラーゲン」とはタンパ質の一種で、繊維状の構造をつくる性質があり、人体では、皮膚のほか、筋肉や骨、内臓などのいたるところに存在します。コラーゲン繊維のことを膠原繊維ともいいます。 肌の…

肌のやわらかさのしくみ

やわらかさのしくみ 乾燥すると角質が厚くなり肌はゴワゴワになる。 乾燥すると、肌は硬く、ゴワゴワしてきます。 冬場に足の裏がコチコチになる人がいますが、それと同じで顔の皮膚も乾燥すると硬…

基底層~皮膚の構造

  表皮の一番深い部分、すなわち真皮との境目にあたる部分を「基底層」といいます。 ここは、新しい表皮細胞を生み出す、工場のようなところです。ターンオーバーのサイクルの、ス…

ターンオーバー~皮膚の構造について

ターンオーバー 「ターンオーバー」とは、入れ替わるというような意味ですが、美容の分野ではとくに、表皮の生まれ変わりのことを指しています。 表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約2…