カタライザーの話(カタライザー研究発表より)

トップページ > おすすめ商品 > カタライザー > 【カタライザーの話(カタライザー研究発表より)】

カタライザーの話(カタライザー研究発表より)

今回は、昨年の12月18日、野口総合研究所の勉強会で聞いたお話をお伝えします。

カタライザーを、活性水素の研究で有名な白畑先生とともに長年研究しておられる浜崎武記教授のお話がありましたのでご紹介いたします。

【抗酸化活性の研究発表】

活性酸素がほとんどの病気や老化に関与しています。現在唯一科学的に立証されている結果がカロリー制限。カロリー制限行うことにより代謝が落ちて活性酸素発生量が減少することがわかってます。

では活性酸素を消去する為に抗酸化食品(ビタミンC・Eやカロチンなどを含む食品)をたくさん摂ればいいのかというと・・・抗酸化食品を食べると水素原子を放出して活性酸素を消去しますが、不安定な化合物であるため一定の量をこえると活性酸素の発生源になってしまいます。(食べ過ぎると抗酸化力が落ちます)

しかしカタライザーは、たくさん飲めば飲むほど量に比例して活性酸素を消去してくれます。

しかもカタライザーを95℃で30分間高温・高圧処理をしても抗酸化の力は失われないため十分な量が目的地まで届きます。また他の抗酸化食品や活性水素のように水や空気の触れても酸化されず、還元力が維持できると言うまさに夢のお薬のような働きをします。

その上カタライザーの抗酸化物質は、分子量500以下と言う非常に小さな

物質のため吸収されやすく、お肌の真皮まで浸透していきます。

※抗酸化物質で有名なポリフェノール類(植物の苦み成分)は4,000から

数万の分子量のところに抗酸化物質があるためカタライザーほどの吸収力

がありません。

実際トロロックス換算という抗酸化測定の数値でも418μM(マイクロモル)

という強い抗酸化活性を示しました。

私たちの病気や老化が活性酸素が原因なら、カタライザーを飲むことにより健康でいつまでも

若々しくいられるということですね。

関連記事

  1. カタライザーのお話②(カタライザー研究発表より)