尋常性乾癬ご相談例1

トップページ > 尋常性乾癬 > 【尋常性乾癬ご相談例1】

尋常性乾癬ご相談例1

ご使用商品:漢方薬・糖鎖栄養素・天然入浴剤

1-1   sankaku02  1-2  kirakira05

《ご相談内容》

1年前に手足に赤い発疹ができたと思ったら、じわじわと大きくなり胸や背中にも広がっていったそうです。部分的には中心に皮膚の剥がれが見られますが、赤み、痒みがひどく、病院からは「尋常性乾癬」と診断されステロイド軟膏と飲み薬を続けられおられますが、少し良くなってはまた悪化の繰り返しで、何とか病院の薬をやめたいからと相談に来られました。

《ご相談後》

赤みと患部の炎症が強いため、糖鎖栄養素と併用して、漢方薬を服用してもらいました。合わせて糖鎖栄養素の原液のスキンケアのあとに、患部の周りにはミネラルウォーターを塗付。お風呂には天然入溶剤を入れて入浴してもらいました。治療を初めて1ヶ月後ぐらいは見た目の変化はあまりありませんでしたが、スキンケアの後は痒みがなくなり気持ちがいいようです。糖鎖栄養素の飲用量を1日50㏄×2回だったのを1日3回に 増やしてもらいました。3ヶ月目ぐらいから赤みが薄らぎ赤い部分の範囲も狭くなってきて、皮膚のはがれも少なくなってきました。半年後には、見た目もほと んどわからな いくらいに乾癬も落ち着き、痒みもほとんどないそうです。このまま治療を継続、1年半後にはまったく症状が出なくなりました。

※結果には個人差があります。

関連記事

  1. 尋常性乾癬無料相談メール
  2. 尋常性乾癬の日常生活の注意点
  3. 尋常性乾癬の対策
  4. 尋常性乾癬って何?
  5. CAGローション
  6. 尋常性乾癬のご相談