自家感作性皮膚炎の原因

トップページ > 自家感作性皮膚炎 > 【自家感作性皮膚炎の原因】

自家感作性皮膚炎の原因

自家感作性皮膚炎 原因

自家感作性皮膚炎は、接触性皮膚炎(かぶれ)、貨幣状湿疹、うっ滞性皮膚炎、下腿潰瘍、熱傷などの湿疹病変(原発疹)の治療が十分されていなかったり掻いたりすることで原因で起こります。
体の一部に強い皮膚炎(原発巣)が生じたあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に細かい丘疹(きゅうしん)(散布疹(さんぷしん))が現れる疾患です。
とてもかゆいのですがかいてしまうとますます悪化してしまうので、我慢するのがかなりつらい病気となります。
またかきむしってしまうと「とびひ」となって伝染してしまうこともありますので、水疱になってしまうとかなりの悪さをします。

症状の現れ方(顔)

じくじくした原発巣が現れて1〜数週間後にその周囲や、体幹、四肢など全身に直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

何かの皮膚炎にかかり、その症状が悪化してしまったときに、患部の周囲に細かく、とてもかゆみのある湿疹ができてしまうのが一般的な自家感作性皮膚炎の症状ですが、この細かい湿疹は、ひどくなると全身に広がってしまうほか、水ぶくれを広い範囲で伴ったり、かなり重度の炎症を起こすケースがあります。

しかし、何かの皮膚炎が引き金となって起こる病気なので、その元となる皮膚炎が悪化したものを勘違いされてしまうことが多く、そのまま正しくない治療を施され、自家感作性皮膚炎であるということに気づいたときにはかなり症状が悪化してしまっている、ということが多いのが現状です。

 

dr01

    自家感作性皮膚炎 治し方・治療 

大元となった皮膚炎をしっかり完治させないと、どんどん湿疹が広がっていきますので、早期発見と正しい治療が重要になります。
また、自家感作性皮膚炎のかゆみは非常に強く、かゆみによって睡眠を妨げられたり、じっとしていなければならないときにかゆみが襲うことでストレスになってしまったりと、皮膚炎以外の体調にも支障をきたす可能性が高いので、こういった面からもきちんと治療をすることが大切です。

 

特にステロイド剤は、使用を続けていて急にやめると、副作用がより強く出てしまうことがありますので、使用を中断するとき専門家へ相談をし、指示を仰ぎましょう。
ただ、医師によってはステロイドをすぐに処方することがあったり、使用の中断を許さない方針の医師もいるので、ご自身でも病気に対する知識を学んでおくことが大事す。

 

 

関連記事

  1. 自家感作性皮膚炎無料相談メール
  2. 自家感作性皮膚炎改善例
  3. 自家感作性皮膚炎から脱出するために
  4. 自家感作性皮膚炎のご相談