カタライザーのお話②(カタライザー研究発表より)

トップページ > おすすめ商品 > カタライザー > 【カタライザーのお話②(カタライザー研究発表より)】

カタライザーのお話②(カタライザー研究発表より)

【カタライザーの坑糖尿病効果】

糖尿病は血液の中のブドウ糖を細胞に取り込めず、血液中の糖分が多くなり血管が砂糖づけになってボロボロになる病気です。

血管がボロボロになると特に抹消血管が集中している目(失明)や神経(糖尿病性壊疽)、腎臓(人口透析が必要)がやられてしまうという恐ろしい合併症が起こります。なぜ糖尿病になるかというと、加齢やストレスなどにより体内に過剰な活性酸素が発生することにより、膵臓内のインスリンを分泌するβ細胞が障害を受けます。また血液中のブドウ糖は自然に筋肉細胞や脂肪細胞に取り込まれるのですがこれらの細胞が活性酸素により酸化障害を受けるとインスリンの信号が伝わらなくなってしまいブドウ糖が血管に残ってしまいます。カタライザーを飲むと細胞内の活性酸素が消えることでインスリン受容体が活性することでインスリンの分泌が正常になり、血液中のブドウ糖が細胞内に取り込みやすくなります。

【カタライザーの抗腫瘍効果への期待】

ガン細胞は健康な細胞が暴走して寿命もなくどんどん増殖を繰り返す細胞

です。ですがガン細胞を直接殺すのではなく、ガン細胞内の活性酸素を消去

すると健康な細胞と同じように増殖が止まり自然に死んでいくことが分かっ

ています。※抗がん剤治療は、ガン細胞を殺しますが副作用として大量の

活性酸素を発生させて健康な細胞も傷をつけてしまいます。

活性酸素を消去したガン細胞は①アポトーシス(自然死=寿命)で死滅する

②増殖速度を低下させる③転移や血管新生能を抑制する④正常細胞に分化す

る⑤いぼのように増殖を停止し、休眠状態になり健康な細胞と同化します。

カタライザーを飲むことでがん細胞内の活性酸素が消去されてこれらの変化

が期待されますとの内容でした。  カタライザーは活性酸素を98消去する機能性食品です。

関連記事

  1. カタライザーの話(カタライザー研究発表より)