角質のバリア機能

トップページ > 皮膚の構造について > 【角質のバリア機能】

角質のバリア機能

私たちが素手で洗剤に触っても、洗剤にしみこんでくることはありません。

これは角質層に「バリア機能」というものが働いているからです。海に入っても塩漬けにならないのも、バリア機能のおかげです。

肌の一番表面にある、死んだ細胞(角質細胞)の層が「角質層」です。

顔で言うと、約20層の細胞が煉瓦のように積み重なってできていて、厚さは0.02mmほどになります。

皮膚に触れるすべてのものからからだを守り、また内部の水分が外へ蒸発しないように守る働きをしているのです。

これを「角質のバリア機能」といいます。健康な角質層は、自分自身で保湿成分(おもにセラミド)を作り出しているため約30%ほどの水分を含んでいます。この水分が低下することが乾燥肌です。

乾燥肌になるとバリア機能も損なわれます。バリア機能が失われると、外からの刺激が入り込みやすくなり、小さな刺激にも反応してしまいます。

これが敏感肌です。そのため、化粧水がしみたり、髪がふれただけでかゆくなったりという症状が起きてきます。

関連記事

  1. ターンオーバー~皮膚の構造について
  2. 基底層~皮膚の構造
  3. 肌のやわらかさのしくみ
  4. コラーゲン~皮膚の構造
  5. セラミド~皮膚の構造
  6. 真皮について~皮膚の構造
  7. 表皮について~皮膚の構造
  8. お肌(皮膚)の3つの役割とは?