顔や身体の皮膚炎に使用する 市販薬

トップページ > 皮膚のくすり > 【顔や身体の皮膚炎に使用する 市販薬】

顔や身体の皮膚炎に使用する 市販薬

ステロイド【ステロイドとは】

炎症をすばやく治める、非常に強力な効果を持った薬です。副腎皮質ホルモンとも言います。
即効性がありますが副作用も強く、よく両刃の剣に例えられます。しかも、副作用は、かなり後からでることが多いので、副作用と気づかずに病気が複雑化します。また中止した後に悪化するので副作用と気がつかないのです。
病院、薬局、ドラッグストアーなどで、炎症性疾患、アレルギー性疾患などに、ひろく使用されています。

外用のステロイド剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより下記の5段階に分けられます。

 

Strongest(最も強力)

Very Strong(かなり強力)

Strong(強力)

Medium(中程度)

Weak(弱い)

 

ここで言う薬の強さとは、体内に吸収されやすいか、吸収されにくいかの違いであり、
含まれるステロイドの成分量とは直接関係ありません。
実際に、「最も強力」の部類に入るステロイド剤よりも 「弱い」部類に入るステロイド剤の方が、
副腎皮質ホルモンの成分が多く入っている場合もあります。。

 

 

【市販のステロイド 例】

■very strong((かなり強い)
・フルコートーF
・ベトネベートN軟膏
・ベトネベートクリームS

■strong(強い)
・エンクロン軟膏EX
・エンクロンクリームEX
・エンクロンローションEX
・オイラックスPZ軟膏
・メンソレータムメディクイック
・グランキサEX液S
・プレバリンα軟膏

■medium(おだやか)
・セロナクリーム

■weak(弱い)
・テラ・コートリル
・ドルマイコーチ軟膏
・オイラックスA
・セロナ軟膏
・ワーボンプラス軟膏
・オイラックスデキサS軟膏

 

 

外用剤に含まれるステロイドの成分は全体から見ると0.1%や0.05%などわずかな割合に思えます。
ではそれ以外の成分は何なのか?ほとんどは白色ワセリンなどの油性の基剤です。
これは、油を加えることで皮膚に塗りやすくする目的があります。
しかし、それだけでなく、ステロイド成分は油に溶ける油溶性ホルモンなので、
油を加えることによって体に吸収されやすくなるのです。
「ステロイドはワセリンで薄めて使えば大丈夫」という話も聞きますが、それは間違いでもっと吸収しやすくなります。
ワセリンなどの油性の基材は皮膚で酸化を起こして過酸化脂質となり皮膚が固くなったり黒くなるステロイド皮膚症と言われる皮膚になっていきます。

 

 

ステロイドはそれを塗る身体の箇所によりステロイドの吸収率が違います。

 

吸収率は前腕部を1.0として頭が3.5、前頭が6.0、下顎が13.0、背中が1.7、 腋が3.6、前腕の伸側が1.1、手のひらが0.83、足関節が0.42、足底が0.14です。 陰嚢がいちばん高く42です。

 

弱いステロイドだからといって吸収率が高い場所に使っていると 強いステロイドを塗っているのと同じ分の副作用が心配されます。

顔や外陰部は吸収率が高いので注意しましょう。

関連記事

  1. 評判に良い 皮膚科や名医と聞いて