アトピーと花粉

トップページ > 花粉症 > 【アトピーと花粉】

アトピーと花粉

kafunアトピーは、花粉の時期に悪くなります。

アトピーはアレルギーの病気です。免疫グロブリン(IgE)が過剰になって、体の中の肥満細胞にとりついて症状が起こります。

2月中旬過ぎますと、杉花粉でアトピー性皮膚炎が悪化することがあります。花粉にだけ反応するリンパ球が急増するからです。

皮膚に湿疹が出て、バリア機能を失ったところに花粉が肌から侵入しやすく、花粉から分泌しているタンパク質が炎症を引き起こし、悪化していきます。

鼻の中も気管支も空気の通り道です。空気に接したところが炎症を起こし、白血球が高く、感染症を合併しています。

花粉症とアトピー性皮膚炎を予防する方法

○ 花粉に近づかない
○ 皮膚のバリア機能を丈夫にする
○ 鉄、亜鉛、ビタミンAなどかゆみと感染を改善する栄養療法を行う
○ 外食を避け、和食中心の食事をする
○ 外出時には花粉症用のマスクをしておく

 

炎症が起きた場合

鼻炎→糖鎖栄養素で鼻を洗う
皮膚の炎症→糖鎖栄誉素の原液を十分に塗布する
白血球が高くなり、IgEが多くなる→糖鎖栄誉素を内服し、皮膚、鼻、咽喉、大腸等の粘膜を丈夫にして腸管免疫を高めておくことも必要です。

 

スギ花粉は少し落ち着きこれからはヒノキなどの花粉が出る時期です。十分予防していきましょう。アトピー性皮膚炎を慢性化しないことが大切ですね。

関連記事

  1. 花粉症皮膚炎無料相談フォーム
  2. 花粉症皮膚炎の相談