アトピーのよくある質問

トップページ > アトピー性皮膚炎 > 【アトピーのよくある質問】

アトピーのよくある質問

アトピーのよくある質問

夜中に手指がかゆいのですが、どうすればよいのでしょうか?

何を塗ったらよいですか?かくと黄汁が出てアカギレ状態になるのですが、日常ケアできることがあったらおしえてください。 カタライザー、銀河水を塗布して下さい。またあまり無意識でかくときは、綿の手袋に銀河水をしめらしてはめて下さい。 手の場合は細菌感染と一緒にカンジタの時もあります。その時はカダコウ軟膏をうすく塗ってください。黄汁が出るときはカタライザー原液が効果があります。炎症は細菌感染がほとんどです。手を清潔にしてカタライザー、銀河水を何回も塗布して下さい。

食物アレルギーの場合、アレルゲンとなるものは止めたままずっと過ごすのでしょうか?

乳児は胃も腸も充分に成熟しておりません。アトピーの素質のアル赤ちゃんですとマスト細胞の多いところからアレルギー性の病気をおこします。 5~6才すぎましたらあまり反応しません。手作り、材料新鮮、片寄らない、野菜の煮物等を多く取ることです。 ★一度治った人もまたでてくるのでしょうか? 出てきます。

◎離脱状態がおちついてまた再発する場合は、ステロイドの使用状況、生活習慣その時の体調、身体の副腎が産生機能を取り戻していないときに出ます。

◎毎日の生活習慣、食事のバランス等が規則正しくないとき、ストレスがたまった時等に少し再発することがあります。

血液にも関係しているんですか? アトピー性皮膚炎は血液の中で反応が起こった後に皮膚表面にでることを忘れないで下さい。 血液の中に悪いもの(ステロイド、抗生物質等)をいれない、また良い食品をいれるよう工夫して解毒する必要があります。

完治した時点で飲むのをやめて良いでしょうか?また再発しないでしょうか? 内服は徐々に減らして下さい。免疫は異物の排除です。皮膚は排泄器官です。発汗作用が正常になり皮膚の角質がしっかりしてセラミドのバランスがとれるまで内服、スキンケアをし徐々に中止していきましょう。

アトピー性皮膚炎の経路 ①アトピー性皮膚炎の発端は皮膚黄色ブドウ状球菌の感染がほとんどです。

②赤ん坊の頃に露出した皮膚についた菌が侵入する頃からスタートします。最初は赤くなり、次に軽い浮腫を起こし、治療しないでさらに病状が進むとジュク ジュク黄汁が出始める。不潔になりがちな頭、首、耳の後、肘、膝の湾曲部の内側に多発します。この段階では皮膚の消毒でアトピー性皮膚炎は未然にくいとめ られます。

③初期の段階で菌の感染症と知らず、ステロイド軟膏を塗ると大変治りが悪くなります。 赤みとジュクジュクが広がり消毒剤では追いつかない状態になります。

④ジュクジュクの時、糖鎖栄養素と銀河水を塗布します。

⑤排農薬(皮膚は排泄)、糖鎖栄養素を飲みます。侵入した菌を自分の免疫力であるマクロファージや好中球が活性化され退治してくれます。感染している部分 から黄色い膿みやリンパ液が出始めます。患部の赤み、浮腫、ジュクジュクが完全に消失するまで我慢強く治療して下さい。 この治療をおこたるといつまでたっても治りません。

◎ほとんどのアトピー性皮膚炎の患者さんは黄色ブドウ状球菌を併発しています。

ス テロイド剤や抗生物質で薬剤耐性菌を作ることがありますので注意が必要です。 毎日、暑い日が続きますね。1R6tnz 熱中症に気を付けて、しっかり水分補給をしてください。 日焼けをしたり、汗をかいたら常在菌バランスが崩れて炎症が出やすくなりますので、クールダウンして スキンケアも忘れずに行って下さいね!                    

関連記事

  1. アトピー性皮膚炎無料相談メール
  2. 大人のアトピーの原因=ステロイド性皮膚炎」
  3. 思春期のアトピー性皮膚炎
  4. 小児アトピー性皮膚炎の知識
  5. アトピー食事
  6. アトピー保湿
  7. かゆみのメカニズムと対処法
  8. 冷えとアトピー
  9. 風邪をひくとアトピーは再発しやすい
  10. 秋~冬のスキンケア