アトピー性皮膚炎の紫外線対策

トップページ > 紫外線 > 【アトピー性皮膚炎の紫外線対策】

アトピー性皮膚炎の紫外線対策

fainアトピーニュース

アトピー性皮膚炎の紫外線対策

今年は異常な暑さが続きますね。山や海で楽しい一日を過ごすのには最高ですね。 8月まではピークを迎える時期です。特に1日のうち午前10時~午後3時頃までは、外出時に日傘や帽子を必ず利用してください

。日焼け止めクリームはSPF値の高い方が日焼け防止の効果がありますが、添加物の量が多くなり、肌の刺激が強くなります。 UVケアをしない場合は10~15分で肌は赤くなり、アトピー性皮膚炎等肌の弱い方はSPF値の高い数字のものは刺激が強くなりますので、日やけ防止が困難です。

より効果の出る方法は?

●まず活性酸素を防御し、炎症を抑えるカタライザーを顔や肌にたっぷり塗布します。

その上から日焼け止めクリームSPF値が15くらいのものを塗ってください。出かけた後、お肌が赤くなってヒリヒリなるのを防いでくれます。 ※一度日焼けすると、敏感な肌やステロイドでダメッジを受けたお肌は回復が遅くなります。きちんとスキンケアをして夏の紫外線に強くなりましょう。

●お風呂上りのカタライザーは冷たくひやして塗布しますと、かゆみや炎症をしずめてくれます。しっかりパッティングして肌の中にカタライザーを浸透させてください。

カタライザーは内服することにより、皮膚を丈夫にする効果があります。1日に3050毎日銀河水と一緒に飲んでください。秋に再発することが多いのですが、その予防にもなります。

いよいよ夏。紫外線対策をしっかりして、山へ海へ・・・・楽しい夏を満喫しましょう C4387971A9F75BA78DD4AC7B5FF99      teradomarichuokaisuiyokujo

関連記事

  1. 日焼による肌荒れ対策
  2. 夏の皮膚トラブル
  3. 敏感肌 紫外線 対策
  4. 紫外線から肌を守るアイテム