自律神経の乱れ

トップページ > ストレス > 【自律神経の乱れ】

自律神経の乱れ

fainアトピーニュース

アトピー性皮膚炎の人に多い自律神経の乱れ

  手足の冷え、ほてり、下痢や便秘、首筋や肩のこりなど、自律神経の乱れの原因と考えられる症状を訴える人がアトピーの患者さんにはたくさんいます。 あなたはいかがですか? 気温の変化、化学的刺激、人間関係の悩みなど心理社会的刺激、ストレス刺激、ステロイド等の薬物依存も自律神経を乱す大きな原因です。 see_saw_a2 交感神経と副交感神経のバランスがとても大切です。 ○ 交感神経→活動する神経 エネルギー消費的な働きをします。仕事やスポーツなどをする時に精神活動を活発にしたり、心臓の鼓動や血圧を高めるのは交感神経の働きです。 ○ 副交感神経→休む神経 体のエネルギーを保存し、回復させる働き。肝臓や消化器官の働きを活発にし、エネルギーを吸収する時、睡眠、休息をとる時など優位になり、緊張から解消されリラックスした気分になる働きをします。 健康な方は普通、昼間は交感神経が優位、夜は副交感神経が優位に働きますが、ストレスや生活環境(夜の残業、深夜のテレビ、長時間パソコン使用等)でバランスがとれなくなり、アトピーの方はかゆみが出たり、夜眠れなかったり、色々な症状が出てきます。

銀河水、カタライザーを夜寝る前に飲んでいきますと、銀河水が脳波をα波にします。カタライザーはホルモンの分泌、バランスをとってくれ、交感神経と副交感神経のバランスをうまく整えていきます。 今の時期のように暑い日が続きますと寝不足になり、自律神経の乱れが起こります。 良く睡眠をとって疲れた体を1日も早く回復して、快適な毎日を過ごしてくださいね!

関連記事

  1. ストレスと痒み