あせも(汗疹)の相談

トップページ > その他の皮膚炎 > 【あせも(汗疹)の相談】

あせも(汗疹)の相談

あせも(汗疹)でお悩みの方へ

 

暑くなると気になる皮膚トラブルの「あせも(汗疹)」。皮膚の弱い方は毎年悩まされるかと思うと本当に辛いですね。

特に赤ちゃんや子供さんに多く、心配される親御さんは多いです。

 

ではどうしてあせも(汗疹)ってできるのでしょう?

 

あせもの原因

あせもは大量に汗をかいた時に、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因で起こります。汗は汗管(かんかん)から分泌されますが、たくさん汗をかくと汗管が詰まってしまい、汗が皮膚表面に流出できず、皮膚内に漏れ出して水ぶくれ(水疱)や炎症を起こして、痒みを伴う赤いブツブツができたりします。そのためあせもは「汗疹(かんしん)」と呼ばれています。

当然汗が乾きにくい所に出やすく、頭、額、頭皮、首、肘・膝の内側、脚の付け根やお尻によくできます。

 

また大人に比べて乳幼児にあせもができやすいのは、汗腺の密度が高いということがあげられます。汗腺の数は大人も乳幼児もほぼ同じです。そのため乳幼児は小さな面積に汗腺が密集していますので、大人よりも汗をかく量が多いのです。

 

あせもといえば夏にできるイメージですが、高温多湿な環境で運動した時や高熱の時もあせもはできます。また湿布や包帯、絆創膏なども蒸れて汗がたまりやすくあせもの原因になります。

 

※汗管とは、皮膚の奥にある汗腺からつながる汗の通路で、皮膚の表面までつながっています。

 

あせも(汗疹)にも種類があるって知っていますか?

 

あせもの種類

○紅色汗疹

米粒大ほどまでの赤いブツブツがたくさんでき、痒くなります。ときに膿をもったり、じゅくじゅくしたりして汗疹性湿疹になることがあります。

汗が表皮にたまることにより起こります。

○水晶様汗疹

日焼け後や乳幼児、また発熱した後に顔や体に小さな水疱がたくさんできるものです。赤みや痒みはありません。症状は軽く、水疱は自然に破れ、薄い皮がはがれて数日以内に治ります。汗が角質層にたまることにより起こります。

 

○深在性汗疹

熱帯地方や異常に高温な環境下で、白色の硬い丘疹がたくさんできるものです。熱射病を起こすこともあります。

汗が真皮にたまることにより起こります。

 

あせも改善のためのスキンケアはどうしたらいいの?

あせもができたら、まずは炎症を抑えるためにステロイドが処方されます。しかし乳幼児や妊婦さんにはあまりお勧めできません。また1週間塗り続けても治らない時は、副作用や別の皮膚病の疑いもあるので中止するべきです。

くすりのファインで使用している糖鎖栄養素スキンケア入浴剤スパエナジー(別府明礬温泉湯の花エキス)は、まさに天然素材の酸性のものです。

【step1:糖鎖栄養素抽出液によるスキンケア】

糖鎖栄養素抽出液は、PH2,7の強酸性ですので皮膚トラブルとなる菌の繁殖を抑制してくれます。また酸性の収れん性は、お肌を引き締めてなめらかにしてくれます。
糖鎖栄誉素抽出液を補うことで皮膚の必要な栄養分を補い、お肌本来の姿へともどしてくれます。

糖鎖栄養素抽出液は、天然100%無添加ですので、敏感なお肌の方でもお使いになれます。

糖鎖栄養素抽出液は、古世代の海洋性堆積物が原料となっていますので珪素、鉄分、カルシュムなどのミネラルが豊富に含まれています。特に珪素は、シリカ(シリコン)とも呼ばれて皮膚や髪にうるおいを与えてくれます。

※トラブル菌の繁殖を抑えることで・・・

■トラブル菌による炎症をおさえてくれます。

■かゆみを軽くしてくれます。

■お肌を清潔に保護してくれます。

 【step2:スパエナジーを入れた入浴】

くすりのファインでは、赤ちゃんから使用できる天然のスキンケア温泉療法をお勧めしています。

天然温泉療法

温泉入浴を行います。

スパエナジー(大分県別府明礬温泉湯の花エキス)をキャップ2杯お風呂に入れて入浴します。

37~39℃のぬるめの温度による温泉療法は、あせも改善に効果があります。

 

温泉療法の効果

①新陳代謝を良くして皮膚の角質を、早く正常に戻してくれます。

②皮膚を湯につけると角質層の細胞間脂質やたんぱく質がどんどん溶け出すためガサガサになりますが、温泉入浴はお風呂に入る前と同じ皮膚水分量が保たれます。

③自律神経を安定させ、ぐっすり眠れるようになります。睡眠不足は皮膚の代謝周期を悪化させます。

④強酸性で、殺菌効果があり、感染症を防ぎます。

 

あせも(汗疹)の日常生活の注意点

○皮膚への刺激を避ける

もともと皮膚が弱い体質な方がなりやすいので、皮膚に直接触れる下着やズボンは刺激の少ない絹や綿のものを使用して下さい。

皮膚の清潔を保ち、汗をかいたら肌着はまめに交換します。

 

○食事の内容に気をつける

肉類・油もの・甘いものは控え食べ過ぎないようにして下さい。

インスタント食品、ファーストフード、コーヒー、酒、タバコを控えましょう。

和食を中心にして、できれば野菜は毎食摂りいれましょう。

太っていると汗も出やすく、またたまりやすくなりますので、ダイエットしましょう。

 

○汗をかいたらすぐに拭き取る

汗をかいたまま放置すると、雑菌がついたり、垢や汚れがたまって汗の出口である汗孔をふさいで汗管が詰まり、炎症を起こしやすくなります。汗をかいたら素早く清潔な濡れタオルなどでやさしく拭き取り、帰宅したらシャワー、お風呂で汗を流しましょう。

汗をかくと皮膚表面はアルカリ性に傾きやすいので、ボディソープは弱酸性で低刺激性のものを使用します。

 

 

○部屋は快適な温度に

汗をかきやすい季節には通気をよくしたり、エアコンや除湿器で温度や湿度を快適に保ちましょう。

 

○保湿する

乾燥肌はバリア機能が低下して、炎症を起こしやすくなりますので、低刺激性のローションやクリームを塗るといいでしょう。

 

あせもでお困りの方は今すぐご相談ください!

 

適切な治療をしないと、慢性湿疹やとびひになったりと、こじれてしまいやすいあせも(汗疹)ですが、適切なスキンケアを行うことにより改善していきます。

 

くすりのファインでは皮膚病相談36年の実績をもとに適切なアドバイスを行っています。

 

 

関連記事

  1. 乳酸菌
  2. 梅雨時期の皮膚病対策
  3. 皮膚 カビ
  4. アトピー性皮膚炎「汗」で悪化
  5. アトピー性皮膚炎と皮膚常在菌