アンチエイジングとは

トップページ > 肌の老化とは > 【アンチエイジングとは】

アンチエイジングとは

 

アンチエイジングとは

老化を遅らせるための対策を「アンチエイジング」とよぶ。
年齢と共に肌が衰えていくのを、遅らせるための対策が「アンチエイジング」です。
そのなかには、スキンケアはもちろん、生活や食事の習慣などもあります。

守りと攻めのお手入れをする。

肌の老化を遅らせれるためには、「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」を行いましょう
「守りのスキンケア」には2種類あります。
紫外線から肌を守るお手入れと、肌に栄養を与えるお手入れです。
まず紫外線対策は、1年を通して取り入れていかなくてはいけません。

肌に栄養を与えるためには、ビタミンB群、C、Eなどを、お手入れに取り入れるようにします

これは、どれかひとつでもかまいませんが、必ず取り入れたのが、ビタミンC誘導体です。

コラーゲン合成促進、美白など、さまざまな効果があるためです。ビタミンC誘導体が配合された化粧水などを長く使っていくとよいでしょう。さらに、抗酸化成分もプラスするとよりよいです。

「老化=酸化」であることが解明されてから、植物エキスなどの抗酸化成分が化粧品に配合されるようになりました。試してみる価値がありそうです。
「攻めのスキンケア」は、積極的に代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたりするお手入れでピーリング剤やレチノールがこれに相当します。
ピーリング剤で角質をとると、皮膚はそこを早く修復しようとして、下から早い速度で上がってきます。

つまり、細胞分裂が活発になるのです。これが、ピーリングによる肌の若がえりの仕組です。

続けていくと表皮はふっくらしてきて、真皮のコラーゲンも増えます。美白効果もあります。

「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」を両方取り入れることで、積極的なアンチエイジングが可能になります。

年齢に合わせたアンチエイジングとは

シミやシワが気になりだすのは、一般的には20台後半から30代くらいからですが、

それら(シミやシワ)は生まれたときから始まる「老化」が積み重なってできものです。

それだけにいつから老化対策をすればよいのかというと、難しい問題になります。
そこで、おおまかではありますが、「守りのスキンケア」である紫外線対策は10代から始め、20代になったらビタミンC誘導体配合の化粧水を使うように心がけ、30代からは「攻めのスキンケア」であるレチノールやピーリング剤などを配合した化粧品と使う、という方法をお勧めします。
※スキンア基本事典~より抜粋

関連記事

  1. 老化対策に有効な成分の種類
  2. 肌の老化の原因(その3)
  3. 肌の老化の原因(その2)
  4. 肌の老化の原因(その1)